お知らせ

2020.04.16

<鹿児島市初!!>ボトックス膀胱壁内注射療法開始!

『ボトックス膀胱壁内注射療法』とは

過活動膀胱の治療法です!(これまでお薬で効果がなかった方が対象です)
<過活動膀胱の症状>
●頻尿(おしっこが近い)
●尿意切迫感(我慢が出来ない)
●切迫性尿失禁(トイレまで間に合わない)

世界90ヵ国で認められた高い安全性と有効性

2020年4月より保険適用として認められたこの注射薬は、A型ボツリヌストキシンというお薬で、膀胱壁内に注射することで膀胱の神経に働きかけ、筋肉がゆるむことで過活動膀胱による種々の症状を改善します。またこの治療は、過活動膀胱だけでなく、様々な疾患の治療薬として世界90ヵ国以上で認可されており、日本でもまぶたや顔面のけいれん、首や手足の姿勢異常、腋窩多汗症、斜視などに対して治療薬として用いられています。

当院でも治療を開始しております。お気軽にお問い合わせください*

トップへ戻る