お知らせ

2019.10.16

Movemberキャンペーンをご存知ですか?

 「Movember」は、11月の「November」と、豪州英語で男性の口ひげを意味する「Mo」を掛け合わせた造語です。欧米や豪州では口ひげが男性がんのシンボルとなっており、前立腺がんに代表される男性特有のがんの予防啓発や患者への支援の輪を広げようと2003年に豪州で発祥しました。

 国内では、前立腺がんの患者・家族団体「NPO法人腺友倶楽部」(事務局・兵庫県宝塚市)が2016年から「Mo-FESTA」と銘打った啓発イベントを企画。18年には「男性がん総合フォーラム 「Mo-FESTA CANCER FORUM」と規模を拡大し、泌尿器科や放射線科の医師による治療法の解説のほか、各地の患者団体の報告もあります。また、来場者には「ひげマスク」「ひげバッジ」がプレゼントされ、記念撮影会や懇親会などを通して患者・家族が交流を深める場も設けています。今年は11月24日、東京都内で開催されます(公式ホームページはこちら)。

 国立がん研究センターの2019年罹患予測によると、前立腺がんの患者数は男性では「大腸」「胃」「肺」に次ぎ4位。男女全体でも「大腸」「胃」「肺」「乳房」に続いて5位となっており、高齢化の進展とともに患者数が増えています。

 当院は身体的負担が少ない「ウロナビ」(MRI/超音波画像融合生検システム)や「ダビンチ」(手術支援ロボット)で前立腺がんの検査、手術を実践しています。質の高い医療の提供はもちろん、今回の「Movember」だけでなく、前立腺がんを対象にした「ブルークローバー」(毎年6月)を含め、キャンペーンが社会全体に広がるよう努めていきます。乳がんの「ピンクリボン運動」(毎年10月)のように…。

トップへ戻る