前立腺がんの疑いに悩む皆様へ

INFORMATION

これまでの前立腺がんの針生検は、がん陽性的中率(がん発見率)が全国平均約30%台でした。
そのため、70%の方はPSA高値であったとしても残念ながら陰性判定となり、その後PSA観察となり陽性と判断されるまでは、再生検を繰り返しておりました。

この課題を解決するために、当院では、米国で既に200台以上導入され実績効果の高い、ウロナビを昨年5月に国内最速導入をいたしました。

そして、世界標準基準の検査方法を遵守し 現在のところ250症例(全国1位)となり、前立腺がんのがん発見率が85%以上に向上致しました。

当院(ウロナビ)で行う 針生検の7つのメリット

  • がんを見つける能力が非常に高い
  • とても精確な前立腺針生検ができる
  • 「ないもの」を「ない」と言える
  • がんの治療に早く取りかかれる
  • 「再生検」が激減する
  • 「家計」に優しい
  • 「国の家計」にも優しい

画像診断医によるがん特定

ほぼ確実に穿刺して確認

早期治療の実現

1回で済む可能性が高い
3割負担で8,820円

がん発見率85%以上

DETECTION

にいむら病院のがん発見率は85%以上です。

がん発見率の一覧

85%以上の発見率になった理由

REASON

陽性判定が出るまで、PSA観察と生検の繰り返しをしてしまうため、患者負担をかけてしまうこと、医療費がかかってしまうことが長年の課題でした。

これまでの検査一覧

世界標準基準の診断とウロナビによる生検の実施により、がん発見率が85%以上に向上しました。

現在の検査一覧

まとめ

  • ① 超音波よりもがんを見つけやすいMRI撮影を全例実施
  • ② 世界標準基準の方式を採用し、専門の画像センターが腫瘍を特定
  • ③ ウロナビを使用し、チームワークでより確実にがんの穿刺を行い再生検を防ぐ

PI-RADS(パイラズ)とは・・・読影法を含めた検査・読影レベルの標準化です。
前立腺癌の存在を5段階に分類するなど国際的な前立腺MRI診断の標準化を取り入れて実施しています。


2人の放射線診断専門医が腫瘍を特定し泌尿器科医と連携

放射線診断専門医 ウロナビによる検査映像

ウロナビを使用し、チームにいむらでより確実にがんの穿刺を行い再生検を防ぎます。

腫瘍の場所がわからなかった!届かなかった!を大幅に解決をした3Dナビゲーション

正面像

腫瘍の穿刺を行います。
正面からみるとまんべんなく刺さった
状態が確認できます。

側面像

側面像で、奥行きまでわかります。
腫瘍が腹部側にあることがわかるので
確実に穿刺することができます。

ウロナビの針生検は、泌尿器科医・画像診断医・放射線技師・看護師が一緒に連携しながら施術します。

ウロナビの針生検

ウロナビの中の画面

ウロナビによる針生検の動画

トップへ戻る